発明の名称 【長寿命の弱酸性次亜塩素酸水溶液とその製造方法】

  従来多用されてきている次亜塩素酸ソーダには殺菌消
臭力があることは公知の事実であるが、最近注目されて
きた次亜塩素酸水は図1のように次亜塩素酸ソーダ
よりはるかに優れた殺菌消臭力があり、かつ弱酸性で
あり皮膚が弱酸性ということから人体にも優しい殺菌
消臭剤として利用され初めている。
 当社の発明は、この弱酸性次亜塩素酸水を生成するに
際し、希釈水として超純水を用い次亜塩素酸ソーダを
添加・希釈し一方同様の超純水に希塩酸を添加・希
釈し、両者を混合、必要に応じさらに超純水で希釈し
てpH5前後の弱酸性次亜塩素酸水を得るものである。
従来の弱酸性次亜塩素酸水の製造に当たっては、希釈水
として水道水または地下水を利用していた。水道水や地
下水にはミネラル成分や有機物を始めとして多くのもの
が溶けたり分散したりしている。次亜塩素酸ソーダに比
べ次亜塩素酸は酸化力が強いため水道水中のこれら不純
物と反応し有機塩素化合物を生成する。また自己分解に
よっても消費されるためどうしても高濃度にする必要が
あった。環境優先時代の今日、塩素系消毒剤は殺菌力が
得られるレベルで可能な限り低濃度で使用することが環
境に対する負荷も少なく、その上有害な有機塩素化合物
の生成量も少なくできて環境には極めて良いことが分っ
ていた。しかし低濃度で使用すると次亜塩素酸水の寿命 短くなり利用上大変不便であつた。

  解決手段

  比抵抗18MΩ・cm(25℃)以上の超純水に約12
%の次亜塩素酸ソーダを添加・混合・希釈し、同様に超
純水に約9%の塩酸を添加・混合・希釈し、両者を混合
して得られる次亜塩素酸水で有効塩素濃度50~20
mg/Lで、かつpH5前後の次亜塩素酸水を調製する。
図2『希釈水の種類と次亜塩素酸水の経時変化』、
図3『希釈水に水道水を用いた場合の濃度の違いによる
次亜塩素酸水の経時変化』のような環境や人体に優しく
かつ殺菌消臭力の効能が減少し難い亜塩素酸水を得る
ことができる。